カタクリが咲く雑木林と里山歩き:野山北・六道山公園(036)―9.5km

瑞穂町の郷土資料館、里山民家、コナラ・クヌギなどの雑木林と谷戸のたんぼ、丹沢・富士山を望む展望デッキ、武蔵村山市営温泉「かたくりの湯」など、身も心もリフレッシュする見どころが、たっぷりです。
3月末から4月の初めにかけて、さやま花多来里の郷では20万株以上、野山北公園では2万株のカタクリが、可憐な紫色の花を咲かせます。また、コースのあちこちで、ロウバイ、ウメ、ソメイヨシノ、ヤマザクラ、十月ザクラをはじめ、四季を通してさまざまな山野草の花、モミジを見ることができます。
[コース概要] JR八高線・箱根ヶ崎駅―残堀川上流端―狭山池公園―厳島神社―さやま花多来里(かたくり)の郷 入口―瑞穂町 郷土資料館 けやき館―耕心館―信号「狭山神社下」―浅間神社―お地蔵様―三角点広場 ―狭山懸橋 ―狭山懸橋広場 ―遺跡広場 ―出会いの辻―六道山公園展望台―里山民家―少飛の塔―赤坂駐車場/赤坂谷戸―展望台―野山北・六道山公園インフォメーションセンター (管理所)―六地蔵―カタクリ群生地―村山温泉 かたくりの湯

万葉に詠まれた「よこやまの道」:黒川駅~黒川駅 (080) -10km

多摩ニュータウン大規模開発の団地と、多摩丘陵の残された自然との境界を歩く変化に富んだコースです。突如眼前に現れる大きな陸橋のアーチとその下に水車小屋があるシュールな光景、近未来都市のような人工的空間が広がる異次元感、丹沢や奥多摩の山並み・富士山・奥秩父の山々・南アルプスまで見晴らす万葉の時代から変わらぬ景観、谷戸の懐かしい風景を楽しみながら歩く10キロメートルです。春はソメイヨシノやヤマザクラが迎えてくれます。コースの終わり近くには、地元農産物直売所、イチゴ摘み農園もあります。
このコースは谷あり尾根ありの丘陵地帯を歩くので、坂や階段のアップダウンがあります。

小田急電鉄多摩線・黒川駅(標高94.2m)―黒川東芋ほり会(標高93m)―コンテナがある曲がり角―上谷戸親水公園(標高58.2m)―若葉台公園入口―稲城第3公園―尾根道入口―八坂神社/一等三角点「連光寺村」(標高161.8m)―馬引沢南公園(標高134.9m)―諏訪ヶ岳(標高144.5m)―防人見返りの峠―十字路―セレサモス 麻生店(標高83.0m)―小田急電鉄多摩線・黒川駅(標高94.2m)

巡礼古道と切通の鎌倉ハイク(062)-9km

日蓮が時の政治・宗教のあるべき姿を最高権力者に提示し、鎌倉幕府や諸宗を批判する『立正安国論』を執筆した岩屋。
鎌倉幕府初代将軍・源頼朝から87年間の歴史を編纂した『吾妻鏡』にも登場する交通の要路・名越切通 (なごえきりどおし)。
鎌倉幕府時代に成立し、いまも庚申塔などが点在する板東三十三観音札所を巡礼する巡礼古道。
…………
中世の鎌倉をたどる約9キロメートルのコースです。
晴れていれば富士山を望める絶景ポイントがあり、シーズンによってはサクラやカイドウの花が咲き、新緑、カエデやイチョウの紅葉が見事な彩りを見せてくれます。
コース全体で高低差は100メートルあり、急な階段や坂がある山道も歩くので、ハイキング向きの靴でお出かけになられることをおすすめします。

鎌倉駅―本覚寺―妙本寺―常栄寺―鎌倉大町 八雲神社―安養院―安国論寺―日蓮乞水―名越切通 (大町口―第3切通―まんだら堂やぐら群―第2切通―第1切通―第3切通)―石廟―お猿畠の大切岸―パノラマ台―水道山展望台―鎌倉市 子ども自然ふれあいの森―関東の富士見百景―巡礼古道 (浄明寺方面口―ハイランド方面口―金剛窟地蔵尊―報国寺方面口)―旧華頂宮邸―報国寺 (竹の寺)―上杉朝宗・氏憲邸阯碑―文覚上人屋敷址―田楽辻子のみち・大御堂橋方面口―岐れ路 (庚申供養塔)―畠山重忠邸趾―鶴岡八幡宮 白旗神社―柳原神池―鶴岡八幡宮 舞殿

武蔵嵐山の散策(049)-10km

武蔵嵐山は低い山にすっぽりと囲まれ、空が広くて心地良い町だった。歩き始めてすぐに、とあるお宅のまえで、冬支度に入る植木屋さんに呼び止められた。
「この町は京都の嵐山に似てるから武蔵嵐山って名前がついてるが、風呂敷を広げて端から包んでヒョイとかついで持ってかえれるような、小さな絶景なんだよ」。なんて粋な話をする植木屋さんなんだろう。
「昭和のはじめ、京都に似てるってことが評判になり、3両編成の満員列車が駅に着くとお客がみんな降りて、駅から渓谷まで大勢の行列ができたもんだ」。
もっと話したらどんな言葉が飛び出してくるか聞いていたい気分。後ろ髪ひかれる気分で先を急ぐ。
武蔵嵐山駅―菅谷公園―嵐山渓谷入り口信号―大平山山頂・東屋―展望台・嵐山地名発祥の地―与謝野晶子碑―さいたま緑のトラスト保全第3号地遊歩道―冠水橋―嵐山渓谷バーベキュー場―槻川 (つきがわ) 橋―千年の苑ラベンダー園―桜並木の土手―菅谷館跡―埼玉県立嵐山史跡の博物館

等々力渓谷と古墳群を満喫:等々力駅から自由が丘駅(093) -11km

夏は渓流や木陰が涼しく、秋が深まり冬にさしかかるころ、等々力渓谷、日本庭園等々力、多摩川台公園、宝来公園、九品山浄真寺では、素晴らしい紅葉や黄葉が楽しめる11キロメートルのコースです。
等々力渓谷は、東京23区内で唯一の渓谷です。
浄真寺の広い境内は、イロハカエデが仁王門を包み込むように葉を広げ、大きな銀杏がたわわに実る大イチョウがあり、紅葉の時期は見事な彩りに染まる都内有数の紅葉スポットです。
東急大井町線・等々力駅―等々力渓谷―野毛大塚古墳―等々力渓谷横穴古墳―等々力不動尊―日本庭園等々力―多摩堤―多摩川浅間神社―多摩川台公園 (湿生植物園―亀甲山古墳―古墳展示室―1号~7号古墳―虹橋―宝莱山古墳)―宝来公園―田園調布の銀杏並木・住宅街―玉川浄水池―ぽかぽか広場―九品山浄真寺―東急東横線・自由が丘駅

大多摩ウォーキング:古里駅~奥多摩駅(079) -9km

峠を越え、湧き水、滝、渓流、吊り橋、白丸ダムをめぐる9キロメートル弱のハイキング。森林浴を楽しみ、気分がリフレッシュするおすすめコースです。
ただし、コース距離は短いけれど、上り下りが有り、渓谷沿いの岩がゴツゴツしたところも有り、このサイトで紹介するコースの中では、ハードなコースです。歩きなれたハイキング向きの靴がおすすめです。

JR青梅線・古里駅―釜の水―清身滝―寸庭(すにわ)橋―[ここから山道]―上の滝―越沢(こいざわ)・ホタル橋―[標高差120メートルの急坂15分]―松の木尾根分岐・東屋―[ここから舗装の下り坂]―坂下―雲仙橋―鳩の巣渓谷―水神の滝・水神様―鳩の巣小橋 (吊り橋)―[ここから多摩川の渓谷沿いに小さな上り下りを繰り返し岩もある山道]―[標高差20メートルの急な石段を登る]―東屋―白丸ダム(魚道・施設見学)―[ここから白丸ダム沿いのなだらかな山道・紅葉]―数馬峡橋―トンネル―[以降、舗装道路]―海澤(うなざわ)―氷川発電所―もえぎ吊り橋(もえぎの湯分岐)―JR青梅線・奥多摩駅