野川と調布飛行場に沿って、広々した3つの公園を歩く(506)―6.1~8.5㎞

JR中央線・武蔵小金井駅を出発し京王線・西調布駅まで歩きます。5.5kmから10kmまで、体力に応じたコースを選べます。国分寺崖線(がいせん)からにじみ出た湧き水を集める野川に沿って、武蔵野公園、野川公園を歩きます。広々とした芝生が広がる、ほぼ平坦な道です。
サクラや新緑、ハギやモミジなどがきれいです。自然観察園には湧水がつくった湿地が点在し、約400種の野草、多くの野鳥や昆虫が見られる自然の宝庫です。
新選組局長として名高い幕末の武士近藤勇の墓所、生家跡、近藤道場撥雲館に寄ります。
武蔵野の森公園では、調布飛行場を離発着する飛行機を間近で見ることができます。

本コースの写真を紹介します。
JR中央線・武蔵小金井駅を出発し京王線・西調布駅まで歩きます。5.5kmから10kmまで、体力に応じたコースを選べます。国分寺崖線(がいせん)からにじみ出た湧き水を集める野川に沿って、武蔵野公園、野川公園を歩きます。広々とした芝生が広がる、ほぼ平坦な道です。

(01) JR中央線・武蔵小金井駅ー(02) はけの道入口ー(03) 金蔵院ー(04) 「はけの森」緑地ー(05) はけの森美術館ー(06) はけの小路入口ー(07) はけの小路ー(08) 子育観音ー(09) ムジナ坂ー(10) 武蔵野公園入口ー(11) 野川中州北遺跡ー(12) 野川公園入口ー(13) 自然観察センターー(14) 自然観察園ー(15) わき水広場ー(16) 東八道路横断ー(17) 梅園ー(18) 野川公園東門ー(19) 龍源寺ー(20) 近藤勇墓所ー(21) 野川公園正門ー(22) 近藤勇生家跡ー(23) 近藤道場撥雲館ー(24) 武蔵野の森公園入口ー(25) 武蔵野の森公園 サービスセンターー(26) 東京外国語大学キャンパスー(28) ふるさとの丘ー(29) 石積ー(30) 管制塔を正面に見るベンチー(31) 滑走路を真正面に見るベンチー(32) 小田急バス「萩の原住宅」停留所ー(33) 京王線・西調布駅

亀戸七福神:平井駅~東京スカイツリー(081)-6km

約2kmの亀戸七福神めぐりに、興味深いポイントを加えた約6kmコースです。正月以外でも、季節に応じてウォーキングをお楽しみください。

 立花大正民家園では、1か所で七福神めぐりができます。しかも、1年じゅう拝観できます。
 亀戸天神社はフジの名所で、4月下旬から5月初めにかけては、境内一面、紫色でいっぱいになり、藤まつりが行われます。
 亀戸天神社では、2月に梅まつり、10月末から11月にかけて菊まつりが行われ、にぎわいます。

JR平井駅着ー平井聖天―諏訪神社・富士塚―[旧中川]―立花大正民家園(七福神)―白髭神社ー東漸寺―北向地蔵尊―[旧中川]―[北十間川]―常光寺(寿老人・延命長寿)―東覺寺(弁財天・芸道富有)―香取神社(大国神・有富蓄財/恵比寿神・愛敬富財)―普門院(毘沙門天・勇気授福)―亀戸天神―[横十間川]―龍眼寺(布袋尊・清廉度量)―江東天祖神社(福禄寿・人望福徳)―[北十間川]―十間橋―西十間橋―押上駅前京成橋―東京ソラマチ―東京スカイツリー(押上駅/スカイツリー前駅)

万葉に詠まれた「よこやまの道」:黒川駅~黒川駅 (080) -10km

多摩ニュータウン大規模開発の団地と、多摩丘陵の残された自然との境界を歩く変化に富んだコースです。突如眼前に現れる大きな陸橋のアーチとその下に水車小屋があるシュールな光景、近未来都市のような人工的空間が広がる異次元感、丹沢や奥多摩の山並み・富士山・奥秩父の山々・南アルプスまで見晴らす万葉の時代から変わらぬ景観、谷戸の懐かしい風景を楽しみながら歩く10キロメートルです。春はソメイヨシノやヤマザクラが迎えてくれます。コースの終わり近くには、地元農産物直売所、イチゴ摘み農園もあります。
このコースは谷あり尾根ありの丘陵地帯を歩くので、坂や階段のアップダウンがあります。

小田急電鉄多摩線・黒川駅(標高94.2m)―黒川東芋ほり会(標高93m)―コンテナがある曲がり角―上谷戸親水公園(標高58.2m)―若葉台公園入口―稲城第3公園―尾根道入口―八坂神社/一等三角点「連光寺村」(標高161.8m)―馬引沢南公園(標高134.9m)―諏訪ヶ岳(標高144.5m)―防人見返りの峠―十字路―セレサモス 麻生店(標高83.0m)―小田急電鉄多摩線・黒川駅(標高94.2m)

武蔵嵐山の散策(049)-10km

武蔵嵐山は低い山にすっぽりと囲まれ、空が広くて心地良い町だった。歩き始めてすぐに、とあるお宅のまえで、冬支度に入る植木屋さんに呼び止められた。
「この町は京都の嵐山に似てるから武蔵嵐山って名前がついてるが、風呂敷を広げて端から包んでヒョイとかついで持ってかえれるような、小さな絶景なんだよ」。なんて粋な話をする植木屋さんなんだろう。
「昭和のはじめ、京都に似てるってことが評判になり、3両編成の満員列車が駅に着くとお客がみんな降りて、駅から渓谷まで大勢の行列ができたもんだ」。
もっと話したらどんな言葉が飛び出してくるか聞いていたい気分。後ろ髪ひかれる気分で先を急ぐ。
武蔵嵐山駅―菅谷公園―嵐山渓谷入り口信号―大平山山頂・東屋―展望台・嵐山地名発祥の地―与謝野晶子碑―さいたま緑のトラスト保全第3号地遊歩道―冠水橋―嵐山渓谷バーベキュー場―槻川 (つきがわ) 橋―千年の苑ラベンダー園―桜並木の土手―菅谷館跡―埼玉県立嵐山史跡の博物館