カタクリが咲く雑木林と里山歩き:野山北・六道山公園(036)―9.5km

瑞穂町の郷土資料館、里山民家、コナラ・クヌギなどの雑木林と谷戸のたんぼ、丹沢・富士山を望む展望デッキ、武蔵村山市営温泉「かたくりの湯」など、身も心もリフレッシュする見どころが、たっぷりです。
3月末から4月の初めにかけて、さやま花多来里の郷では20万株以上、野山北公園では2万株のカタクリが、可憐な紫色の花を咲かせます。また、コースのあちこちで、ロウバイ、ウメ、ソメイヨシノ、ヤマザクラ、十月ザクラをはじめ、四季を通してさまざまな山野草の花、モミジを見ることができます。
[コース概要] JR八高線・箱根ヶ崎駅―残堀川上流端―狭山池公園―厳島神社―さやま花多来里(かたくり)の郷 入口―瑞穂町 郷土資料館 けやき館―耕心館―信号「狭山神社下」―浅間神社―お地蔵様―三角点広場 ―狭山懸橋 ―狭山懸橋広場 ―遺跡広場 ―出会いの辻―六道山公園展望台―里山民家―少飛の塔―赤坂駐車場/赤坂谷戸―展望台―野山北・六道山公園インフォメーションセンター (管理所)―六地蔵―カタクリ群生地―村山温泉 かたくりの湯

水と緑の柳瀬川回廊:秋津駅~清瀬駅(084) -12km

周辺を雑木林が広がり、野鳥が集う、柳瀬川の土手を歩く12キロメートル弱の平坦なコースです。高度成長の時代に悪臭ただようドブ川になっていた柳瀬川は、かつて「清瀬」という地名の元でもあった、野鳥が集う清流を取り戻しました。また、空堀川の河岸段丘斜面に残る約1.1ヘクタールの雑木林には、カタクリ等の野草や野鳥がいっぱいです。金山調整池から城前橋に至る柳瀬川右岸には桜並木がつづき、滝の城址公園も桜の樹に囲まれていて、春はサクラの薄いピンクが絢爛たる景色を見せてくれます。

JR武蔵野線・新秋津駅―西武池袋線・秋津駅―圓福寺-清瀬中里緑地保全地域-柳瀬川回廊(空堀川-せせらぎ公園-清瀬橋・柳瀬川-清瀬金山緑地公園-金山橋-金山調整池-城前橋-滝の城址公園[城山神社・本丸址]-城前橋-川崖線緑地-金山橋)-水天宮-西武池袋線・清瀬駅

浮間公園から光が丘公園へ:東京大仏(124)-12.5km

東京に大仏があるって、ご存知ですか?
東京大仏は、(座大仏では) 奈良の大仏、鎌倉の大仏に次ぐ大きさなんです。東京大仏は、かつて赤塚城があったあたりにあります。
都立赤塚公園は、ムクノキ、アカメガシワ、エノキ、イヌシデ、シロダモ、エゴノキ、ヌルデなどの自然林でおおわれた丘陵地で、例年4月上旬には都内最大のニリンソウ自生地は白い可憐な花がで埋まり、ヤマブキソウの群落の黄色い花がつづきます。そのほか、オドリコソウの大群落、ヒメオドリコソウ等々の花が咲きます。サクラの花も見事です。赤塚城址には梅林もあります。

JR埼京線・浮間舟渡駅 ⇒ 都立浮間公園 ⇒ 荒川土手 ⇒ こども動物園 ⇒ 都立赤塚公園 ⇒ 板橋郷土博物館・赤塚城本丸跡 ⇒ 東京大仏 ⇒ 赤塚植物園 ⇒ 松月院 ⇒ 都立光ヶ丘公園 ⇒ 都営大江戸線・光が丘駅