三宝寺池と白子川源流を歩く:井荻駅から大泉学園駅まで(095) -10km

干ばつにも涸れなかった三宝寺池、石神井城主ゆかりの寺社、鳥たちの楽園、白子川源流をめぐる、自然がいっぱい、森林浴や野鳥観察が楽しめる10.5キロメートルのウォーキングです。

春、野草観察園ではニリンソウなど野の草たちが、いろとりどちに可憐な花を見せてくれます。コースのあちらこちらで、枝いっぱいにソメイヨシノの花が咲きます。
夏、石神井池・三宝寺池の水面を流れる風が、まわりの森のなかを吹き抜け、さわやかな木陰です。
秋、三宝寺池を囲む一帯は、イロハモミジやイチョウが紅や黄に染まります。
冬、梅林では、紅と白の花が咲いています。

西武新宿線・井荻駅―井草森公園―天祖神社-禅定院-練馬区立池淵史跡公園-ふるさと文化館-道場寺-三宝寺-三宝寺池梅林-白子川上流端 (大泉井頭公園)―西武池袋線・大泉学園駅

生田緑地と東高根森林公園(向ケ丘遊園駅~久地駅) (122) -9km

緑と水がきれいな約9kmのハイキングです。距離は短いけれど、標高差50mの登りなど、3回ののぼりおりがあります。道は整備されているので、森林浴を楽しみながら、ゆっくり歩きましょう。

生田緑地では、季節の移り変わりとともに、ウメ、サクラ、ツツジ、アジサイ、花ショウブ、紅葉などが楽しめます。「川崎市岡本太郎美術館」、江戸時代の民家など25の文化財建造物を移築・展示してある「川崎市立日本民家園」など(有料)もあります。

県立東高根森林公園では、春になると清流沿いにウメやサンシュユの木が花開きます。花ショウブ・アヤメだけでなく、湿地や水辺を好む草花が四季折々に見られる湿生植物園は、弥生時代の水田跡と自然水を利用した湿田です。古代植物園では、ユリや野草(タチツボスミレ、アズマイチゲ、ニリンソウ他)が見られます。

小田急線・向ヶ丘遊園駅南口 ⇒ 生田緑地入口 ⇒ 戸隠不動尊跡地 ⇒ 枡形山 ⇒ 岡本太郎美術館 ⇒ 梅園 ⇒ つつじ山 ⇒ おし沼広場(やまぶき公園) ⇒ おもい出のうたのこみち(水生植物鑑賞池) ⇒ 初山広場 ⇒ とんもり谷戸 ⇒ 平瀬川沿い ⇒ 東高根森林公園入口 ⇒ 東高根遺跡 (古代芝生広場) ⇒ 松壽弁財天 ⇒ JR南武線・久地駅(累積標高差168m)

逗子・葉山の低山と海辺を歩く (074)-12km

三浦半島の山と海との両方を楽しめる、景色がすてきな約12kmのコースです。見どころがたくさんあり、コースの選択肢もいろいろあります。

海岸からの眺めを楽しみたいときには海沿いのコースを重点に、
山登りの雰囲気と、富士山や丹沢、江の島・大島・伊豆半島などを見晴らす絶景と、木陰を流れる風を楽しみたいときには2つの山を登るコース、
美味しい料理を食べたいときには海辺のレストランやカフェでの時間をたっぷりと、……。
仙元山の標高は118m、急な坂道・階段はちょっと苦しいけれど、巨木がうっそうと生い茂り、深山に分け入った雰囲気です。
コースには、サクラ、ツツジ、アジサイが咲く公園もあります。

JR横須賀線・逗子駅➡京浜急行・新逗子駅➡田越橋➡信号「風早橋」➡信号「木の下」(仙元山登り口・標高約12m)➡葉山教会 (標高50m)➡仙元山 (標高118m;トイレ有)➡實教寺/グリーンセンターへの分岐*)➡グリーンセンター➡葉山町役場・葉山花の木公園 (トイレ有)➡大峰山登り口**)➡葉山御用邸➡一色海岸 (トイレ有;海岸歩き)➡県道歩き➡真名瀬海岸 (トイレ有;海岸歩き)➡森戸神社***)➡森戸神社バス停―(海岸歩き/県道歩き/バス)➡新逗子駅➡逗子駅

浮間公園から光が丘公園へ:東京大仏 (124)-12.5km

東京に大仏があるって、ご存知ですか?
東京大仏は、(座大仏では) 奈良の大仏、鎌倉の大仏に次ぐ大きさなんです。東京大仏は、かつて赤塚城があったあたりにあります。
都立赤塚公園は、ムクノキ、アカメガシワ、エノキ、イヌシデ、シロダモ、エゴノキ、ヌルデなどの自然林でおおわれた丘陵地で、例年4月上旬には都内最大のニリンソウ自生地は白い可憐な花がで埋まり、ヤマブキソウの群落の黄色い花がつづきます。そのほか、オドリコソウの大群落、ヒメオドリコソウ等々の花が咲きます。サクラの花も見事です。赤塚城址には梅林もあります。

JR埼京線・浮間舟渡駅 ⇒ 都立浮間公園 ⇒ 荒川土手 ⇒ こども動物園 ⇒ 都立赤塚公園 ⇒ 板橋郷土博物館・赤塚城本丸跡 ⇒ 東京大仏 ⇒ 赤塚植物園 ⇒ 松月院 ⇒ 都立光ヶ丘公園 ⇒ 都営大江戸線・光が丘駅

町田・薬師池公園:花いっぱいの郊外あるき (113)-10km

四季折々の花が楽しめます。
2月から3月上旬ごろは宏善寺の枝垂れ梅、薬師池公園の梅林が見事です。薬師池公園では、椿、桜、花しょうぶ、大賀ハスも、その時々、きれいに咲きます。
3月下旬から4月上旬ごろは、コース途中の桜がきれいです。
4月下旬から5月上旬は、ぼたん園のボタン (約330種類1,700株)・シャクヤク(約60種類600株)が楽しめます。
7月から11月の初めごろまで、ダリア園では約500品種、4,000株の大・中・小輪のさまざまなダリアが咲き競います。
11月下旬からは、薬師池公園やコース途中で、紅葉がきれいです。

小田急線/JR横浜線・町田駅 (絹の道 碑) ⇒ 本町田 菅原神社 (井出の沢古戦場跡) ⇒ 宏善寺 (枝垂れ梅) ⇒ 青少年施設ひなた村 ⇒ 給水塔 ⇒ 町田ダリア園 ⇒ 鎌倉井戸 (鎌倉古道上之道) ⇒ 町田ぼたん園 (自由民権の碑、石阪昌孝の墓) ⇒ ふるさと農具館 ⇒ 七国山ファーマーズセンター ⇒ 鐘楼 ⇒ 薬師池公園 (野津田薬師堂、旧永井家住宅、梅林、萬葉草花苑、たいこ橋、古代ハスの池) ⇒ 薬師ヶ丘バス停…(バス)…町田駅

金沢文庫から鎌倉へ:三浦半島を横断(043)-14.5km

1年を通して楽しめます。冬は木々の葉が落ちて、遠く、みなとみらいや東京湾・相模湾の海の景色を見通すことができます。春は山桜があちこちで満開です。新緑もきれいです。台湾リスが、枝から枝を伝って走りまわっています。夏は、セミや野鳥の声を聞きながら、木々が強い日光を遮ってくれます。秋、紅葉が彩りをそえてくれます。
京浜急行・金沢文庫駅 ⇒ 六国峠ハイキングコース入口 ⇒ 能見堂跡 ⇒ 金沢動物園公衆トイレ ⇒ しだの谷(おもしろ自然林) ⇒ 跨道橋(横浜横須賀道路) ⇒ 関谷奥見晴台 ⇒ 自然観察の森分岐 ⇒ 自然観察の森(トイレ) ⇒ 自然観察の森分岐 ⇒ 天園休憩所 ⇒ 天園公衆トイレ ⇒ 大平山(標高標高159.4m) ⇒ 天園ハイキングコース(裏街道)入口 ⇒ 庚申塔・天園ハイキングコース(覚園寺口) ⇒ 鎌倉宮(トイレ) ⇒ 鶴岡八幡宮 ⇒ JR横須賀線/江ノ電・鎌倉駅