都心に森をさがす:品川駅~武蔵小山駅 (031)―12㎞

都心に、こんなにたくさんの森があったのかと、きっと驚くことでしょう。開発から免れている高輪の細い路地は、昭和の面影が色濃く残っています。いつも見る東京とは違った風景が楽しめます。
(01) JR品川駅高輪口―(02) 高輪森の公園―(03) グランドプリンスホテル高輪 日本庭園―(04) 高輪公園―(05) 東禅寺―(06) 高野山東京別院―(07) 高輪消防署二本榎出張所―(08) 八芳園西門―(09) 八芳園木戸門(庭園入口)―(10) 古地老稲荷神社―(11) 郷土歴史館等複合施設「ゆかしの杜」―(12) 近代医科学記念館―(13) 白金台どんぐり児童遊園―(14) 国立科学博物館附属自然教育園―(15) 大圓寺―(16) 大鳥神社―(17) 目黒寄生虫館―(18) 青木昆陽墓―(19) 海福寺―(20) 五百羅漢寺(羅漢寺)―(21) 瀧泉寺 仁王門―(22) 瀧泉寺(目黒不動尊)―(23) 林試の森公園 もちのき門―(24) サービスセンター―(25) 林試の森公園 水車門―(26) 東急目黒線・武蔵小山駅

都心の庭園・植物園を訪ねる:王子駅~後楽園(春日/水道橋)駅 (025) -11km

名園をゆったり楽しみながら、旧岩槻街道(本郷通り)に沿って点在する、江戸時代に庶民の信仰を集めた寺社・お地蔵さんをめぐる約10.5キロメートルのコースです。
*春暖の都心の1日……豪華絢爛に咲きほこるシダレザクラやソメイヨシノ。
*晩春から初夏にかけての都心の1日……新緑の下、咲き乱れるツツジに、さまざまな色合いを見せるアジサイ、色とりどりにゴージャスに咲く春のバラ。
*晩秋の都心の1日……艶やかなバラの花と、色づき始めるモミジ、大きく包み込む樹々。
さらに、武勇に秀でてモノノケや悪霊さえも退散したと伝えられる八幡太郎義家、「日本資本主義の父」と言われる渋沢栄一、振袖火事、八百屋お七、初夢で有名な「一富士、二鷹、三茄子」の発祥地、日本最初の遺体提供者・美幾、など歴史上の人物や事件にゆかりのある場所を訪ねます。
コースには高低差10メートル前後の坂や階段が12か所あります。ふだんは意識することのない、都心にある広い尾根と谷の地形を体感できます。