「コースの写真」一覧から選択してください。

各コースの写真のタイトルをクリックすると、各コースの説明に移動します。

111-秋川の清流に沿って静かな里山あるき

東京の西部、武蔵五日市駅を起終点に、秋川の流れに沿った、ほのぼのとした里山歩きを楽しめる14.6kmのウォーキングです。
総歩行距離が長すぎるという方には、11km、8km、6kmのコースもつくりました。コース全体は、緩やかな登り坂・下り坂がある舗装道路を歩きます。「瀬音の湯」から石舟橋にかけては、土の道です。

道々には、神明社、お地蔵さま。
草花や野鳥の鳴き声を聞き、清流を見ながらのコースを楽しめます。
桜や紅葉のころ、「徳雲院」や「龍珠院」は楽園にいると感じるでしょう。
「瀬音の湯」での足湯をお薦めしま~す。
瀬音の湯から十里木へ向かう途中の吊り橋「石舟橋」は、四季折々に表情を変え、新緑から紅葉、雪景色も楽しめます。このあたりを散策するのもお薦めです。

続きを読む

096-サクラとトマトの国・北本を歩く

北本自然観察公園

北本市は、サクラの郷です。樹齢800年を超える石戸蒲(いしどかば)ザクラをはじめ、人々は自生のサクラを慈しみながら、辻や堤に新たな苗を植えていきました。ナノハナもあちらこちらに黄色い彩りを添えてくれます。

[コース (約14キロメートル)] JR高崎線・北本駅西口―北本市観光協会―(景観フラワーロード)―高尾氷川神社―厳島神社―須賀神社―さいたま緑のトラスト保全第8号地―北本市野外活動センター―高尾さくら公園―阿弥陀堂(阿弥陀堂のエドヒガンザクラ)―横田薬師堂―城ヶ谷堤(桜土手)―石戸城跡― 一夜堤―北本市子供公園―東光寺(石戸蒲ザクラ)―北本自然観察公園(高尾の池―埼玉県自然学習センター ―かわせみ池―エドヒガンザクラ)―北本市立西部公民館―十一面觀―真福寺―本宿天神社―多聞寺―JR高崎線・北本駅東口

続きを読む

123-日本橋七福神を歩く:東京駅から門前仲町駅まで

日本橋の麒麟

「日本橋七福神めぐり」をあいだにはさみつつ、広く日本橋一帯の史跡をたずね、江戸という街の成長と、現代日本とのつながりを見ながら、深川まで足を伸ばして歩いてみます (約11.5km)。日本橋本町や人形町には老舗のお菓子屋、食事処などがたくさんあり、寄り道するのも楽しみです。

続きを読む

120-ツツジにアジサイ、ショウブが美しい霞(かすみ)丘陵:河辺駅~青梅駅

霞丘陵

ツツジ・アジサイが咲き誇る塩船観音寺・霞丘陵と、200種を超える花ショウブが咲く吹上しょうぶ公園、入間市を通り狭山市で入間川へとそそぐ霞川の水源がある天寧寺、青梅鉄道公園を歩く、約10kmのハイキングコースです。

JR青梅線・河辺駅―塩船観音寺(アジサイ)―霞丘陵自然公園(アジサイ)―吹上しょうぶ公園(ショウブ)―勝沼城跡―天寧寺―青梅鉄道公園―JR青梅線・青梅駅

続きを読む

073-市川国府台の森と歴史散策:京成本線・市川真間駅~国府台駅

じゅんさい池緑地

コース一帯の歴史は古く、数十の古墳(国府台古墳群)が築かれ、大きな貝塚もあり、奈良時代には下総国府が置かれ、下総国分僧寺、下総国分尼寺が建立されました。
コース前半には、万葉集に歌われたところなど、歴史のポイントがたくさんあります。弘法寺には、みごとな枝垂れの伏姫桜、月見桜があります。
コース後半は、森のなかを歩きます。春は青々とした新緑、夏は涼しい木陰、秋は色鮮やかな紅葉を楽しめます。
距離が長すぎるという方は、[9kmコース:(01)京成本線・市川真間駅―・・・―(34)考古博物館―北総線・北国分駅] もおすすめです。

続きを読む

502(01)-橋の端めぐり:深川から小名木川-(前半) 水天宮前駅~木場親水公園親水館 6km

志歌寿ケイト氏が案内する

東京散歩革命シリーズ Vol.40
はしのはしのはし -橋の袂の土地利用-

という街歩きに参加させていただきました。志歌寿ケイト氏は、全都の商店街を制覇するなど、精力的に街を読み解いています。
氏によると、歴史的な経緯、制度(法律等)の縛り、自然の制約などによって、橋のたもとは多様な形状の多様な利用形態が存在しています。民有地(占拠もふくむ)も公共用地もあり、庭園になっていたりトイレや遊具があったり、四角や三角や台形だったりです。
今回歩いたところは、隅田川の東側、小名木川の南側の地域で、運河が縦横に張り巡らされていて、「橋」がいたるところにあります。実際に参加してみて大変おもしろかったので、氏の許可を得て、歩いたところを紹介いたします。

続きを読む

101-歴史をたずね、折々の花を楽しむ:分倍河原駅~府中本町駅

101-府中市郷土の森博物館の紅梅

JR南武線/京王線・分倍河原駅―高倉塚古墳―八雲神社―浅間神社―稲荷神社―熊野神社古墳―JR南武線・西府駅北口階段―JR南武線・西府駅南口階段―河原公園―のりすけ 新田緑道(分梅)ステーション―分倍河原古戦場碑―新田川緑道(南部地区2)出口―芝間稲荷神社―府中郷土の森博物館一周(短いコース)―府中市郷土の森博物館入口―三千人塚―JR南武線/武蔵野線・府中本町駅

続きを読む

095-三宝寺池と白子川源流を歩く:石仏たち

池淵史跡公園

「三宝寺池と白子川源流を歩く」コース途中にある地域菩薩や庚申塔、馬頭観音など、石仏(Stone Buddha)の写真を紹介します。
主に、旧石器時代・縄文時代・中世の遺跡が発見された池淵史跡公園で野外展示されている石仏、および石神井城址の南側にある寺社に置かれている石仏です。

続きを読む

049-武蔵嵐山の散策

嵐山渓谷

渓谷と周辺の景色が京都の「嵐山」によく似ているという「武蔵嵐山」。この美しい景観を眺め、また、中世の史跡を訪ねる10キロメートルのウォーキングです。新緑、ソメイヨシノ、ヤマザクラ、ヤマツツジ、ラベンダー、10月サクラ、紅葉、……が楽しめます。「ハーフコース」「オプションコース」も用意しました。

東武東上線・武蔵嵐山駅―菅谷公園―嵐山渓谷入り口信号―大平山山頂・東屋―展望台・嵐山地名発祥の地―与謝野晶子碑―さいたま緑のトラスト保全第3号地遊歩道―冠水橋―嵐山渓谷バーベキュー場―槻川 (つきがわ) 橋―千年の苑ラベンダー園―桜並木の土手―菅谷館跡―埼玉県立嵐山史跡の博物館―東武東上線・武蔵嵐山駅

続きを読む

043-金沢文庫から鎌倉へ:三浦半島を横断

しだの谷

1年を通して楽しめます。冬は木々の葉が落ちて、遠く、みなとみらいや東京湾・相模湾の海の景色を見通すことができます。春は山桜があちこちで満開です。新緑もきれいです。台湾リスが、枝から枝を伝って走りまわっています。夏は、セミや野鳥の声を聞きながら、木々が強い日光を遮ってくれます。秋、紅葉が彩りをそえてくれます。
京浜急行・金沢文庫駅 ⇒ 六国峠ハイキングコース入口 ⇒ 能見堂跡 ⇒ 金沢動物園公衆トイレ ⇒ しだの谷(おもしろ自然林) ⇒ 跨道橋(横浜横須賀道路) ⇒ 関谷奥見晴台 ⇒ 自然観察の森分岐 ⇒ 自然観察の森(トイレ) ⇒ 自然観察の森分岐 ⇒ 天園休憩所 ⇒ 天園公衆トイレ ⇒ 大平山(標高標高159.4m) ⇒ 天園ハイキングコース(裏街道)入口 ⇒ 庚申塔・天園ハイキングコース(覚園寺口) ⇒ 鎌倉宮(トイレ) ⇒ 鶴岡八幡宮 ⇒ JR横須賀線/江ノ電・鎌倉駅

続きを読む

025-都心の庭園・植物園を訪ねる:王子駅~後楽園(春日/水道橋)駅

飛鳥山公園: 渋沢史料館

名園をゆったり楽しみながら、旧岩槻街道(本郷通り)に沿って点在する、江戸時代に庶民の信仰を集めた寺社・お地蔵さんをめぐる約10.5キロメートルのコースです。
*春暖の都心の1日……豪華絢爛に咲きほこるシダレザクラやソメイヨシノ。
*晩春から初夏にかけての都心の1日……新緑の下、咲き乱れるツツジに、さまざまな色合いを見せるアジサイ、色とりどりにゴージャスに咲く春のバラ。
*晩秋の都心の1日……艶やかなバラの花と、色づき始めるモミジ、大きく包み込む樹々。
さらに、武勇に秀でてモノノケや悪霊さえも退散したと伝えられる八幡太郎義家、「日本資本主義の父」と言われる渋沢栄一、振袖火事、八百屋お七、初夢で有名な「一富士、二鷹、三茄子」の発祥地、日本最初の遺体提供者・美幾、など歴史上の人物や事件にゆかりのある場所を訪ねます。
コースには高低差10メートル前後の坂や階段が12か所あります。ふだんは意識することのない、都心にある広い尾根と谷の地形を体感できます。

続きを読む

113-町田・薬師池公園:花いっぱいの郊外あるき

町田ぼたん園前の景色

四季折々の花が楽しめます。
2月から3月上旬ごろは宏善寺の枝垂れ梅、薬師池公園の梅林が見事です。薬師池公園では、椿、桜、花しょうぶ、大賀ハスも、その時々、きれいに咲きます。
3月下旬から4月上旬ごろは、コース途中の桜がきれいです。
4月下旬から5月上旬は、ぼたん園のボタン (約330種類1,700株)・シャクヤク(約60種類600株)が楽しめます。
7月から11月の初めごろまで、ダリア園では約500品種、4,000株の大・中・小輪のさまざまなダリアが咲き競います。
11月下旬からは、薬師池公園やコース途中で、紅葉がきれいです。

小田急線/JR横浜線・町田駅 (絹の道 碑) ⇒ 本町田 菅原神社 (井出の沢古戦場跡) ⇒ 宏善寺 (枝垂れ梅) ⇒ 青少年施設ひなた村 ⇒ 給水塔 ⇒ 町田ダリア園 ⇒ 鎌倉井戸 (鎌倉古道上之道) ⇒ 町田ぼたん園 (自由民権の碑、石阪昌孝の墓) ⇒ ふるさと農具館 ⇒ 七国山ファーマーズセンター ⇒ 鐘楼 ⇒ 薬師池公園 (野津田薬師堂、旧永井家住宅、梅林、萬葉草花苑、たいこ橋、古代ハスの池) ⇒ 薬師ヶ丘バス停…(バス)…町田駅

続きを読む

501-古代の記憶・武蔵国分寺跡を歩く:JR西国分寺駅~JR国分寺駅

武蔵国分寺跡

JR中央線/武蔵野線・西国分寺駅―(東山道武蔵路跡②)―伝鎌倉街道⑤―尼寺北方の塚④―伝祥應寺跡③―武蔵国分尼寺跡⑥―武蔵国分寺中門跡・築地塀跡⑦―武蔵国分寺七重塔跡⑧―武蔵国分寺金堂・講堂跡⑨―武蔵国分寺楼門⑩―武蔵国分寺⑪―武蔵国分寺薬師堂⑫―武蔵国分寺万葉植物園⑬―市重要有形文化財(建造物)旧本多家住宅長屋門・倉⑭―武蔵国分寺跡資料館⑮―お鷹の道 真姿の池湧水群⑯―伽藍地(寺院地)北辺の区画溝跡⑰―不動橋ポケットパーク⑱―野川の不動明王と庚申塚⑲―殿ヶ谷戸庭園入口⑳―JR中央線・国分寺駅南口

続きを読む

025-都心の庭園・植物園を訪ねる:コースで見つけた花

旧古河庭園にて

名園をゆったり楽しみながら、旧岩槻街道(本郷通り)に沿って点在する、江戸時代に庶民の信仰を集めた寺社・お地蔵さんをめぐる約10.5キロメートルのコースです。
*春暖の都心の1日……豪華絢爛に咲きほこるシダレザクラやソメイヨシノ。
*晩春から初夏にかけての都心の1日……新緑の下、咲き乱れるツツジに、さまざまな色合いを見せるアジサイ、色とりどりにゴージャスに咲く春のバラ。
*晩秋の都心の1日……艶やかなバラの花と、色づき始めるモミジ、大きく包み込む樹々。
さらに、武勇に秀でてモノノケや悪霊さえも退散したと伝えられる八幡太郎義家、「日本資本主義の父」と言われる渋沢栄一、振袖火事、八百屋お七、初夢で有名な「一富士、二鷹、三茄子」の発祥地、日本最初の遺体提供者・美幾、など歴史上の人物や事件にゆかりのある場所を訪ねます。
コースには高低差10メートル前後の坂や階段が12か所あります。ふだんは意識することのない、都心にある広い尾根と谷の地形を体感できます。

続きを読む

098-大悲願寺の白萩と横沢入:武蔵引田駅~武蔵五日市駅

横沢入

武蔵引田駅は空の広い秋留台地の上にある。西には大岳山など奥多摩の山々が、南は春に桜・山桜に装われる秋川丘陵の、五日市高尾山や網代城山や弁天山が見えている。畑地の間をぬい町へ下りる。五日市街道になるまでの名前の変遷・伊奈宿・市神様・天満宮・岩走神社・古道など時の流れや歴史に思いを馳せながら歩けば、ウォーキングは彩りを増してくれる。
横沢入の懐かしさを覚える里地・里山の自然を散策し、そして白萩の大悲願寺。本堂の佇まいはもとより観音堂・無畏閣の正面を見上げると、左に極楽図・右に地獄図の彩色された彫り物があってぜひ見ていきたい。
歩いてみると、遠く中世から開かれたこの地にはまだまだ見るものがありそうな予感がする。

続きを読む

084-水と緑の柳瀬川回廊:秋津駅~清瀬駅

清瀬中里緑地保全地域A地区

周辺を雑木林が広がり、野鳥が集う、柳瀬川の土手を歩く12キロメートル弱の平坦なコースです。高度成長の時代に悪臭ただようドブ川になっていた柳瀬川は、かつて「清瀬」という地名の元でもあった、野鳥が集う清流を取り戻しました。また、空堀川の河岸段丘斜面に残る約1.1ヘクタールの雑木林には、カタクリ等の野草や野鳥がいっぱいです。金山調整池から城前橋に至る柳瀬川右岸には桜並木がつづき、滝の城址公園も桜の樹に囲まれていて、春はサクラの薄いピンクが絢爛たる景色を見せてくれます。

JR武蔵野線・新秋津駅―西武池袋線・秋津駅―圓福寺-清瀬中里緑地保全地域-柳瀬川回廊(空堀川-せせらぎ公園-清瀬橋・柳瀬川-清瀬金山緑地公園-金山橋-金山調整池-城前橋-滝の城址公園[城山神社・本丸址]-城前橋-川崖線緑地-金山橋)-水天宮-西武池袋線・清瀬駅

続きを読む

031-都心に森をさがす:品川駅~武蔵小山駅

八芳園日本庭園

都心に、こんなにたくさんの森があったのかと、きっと驚くことでしょう。開発から免れている高輪の細い路地は、昭和の面影が色濃く残っています。いつも見る東京とは違った風景が楽しめます。
サクラやツツジやモミジや新緑などがきれいに植えられているホテルの庭園、自然のままの森を維持している自然教育園や林試の森公園 (むかし、林業試験場だった) など、変化にとんだ自然を満喫できます。
多摩川や荒川およびその支流が流れ込む一帯の東京湾沿岸部の歴史を豊富な資料や映像・コンピュータグラフィックスで展示する歴史博物館、寄生虫専門の博物館、江戸時代に彫られた五百体の羅漢 (らかん) 像を拝観できるお寺など、興味深い場所をまわります。

続きを読む

506-野川と調布飛行場に沿って、広々した3つの公園を歩く

武蔵野の森公園:修景池

本コースの写真を紹介します。
JR中央線・武蔵小金井駅を出発し京王線・西調布駅まで歩きます。5.5kmから10kmまで、体力に応じたコースを選べます。国分寺崖線(がいせん)からにじみ出た湧き水を集める野川に沿って、武蔵野公園、野川公園を歩きます。広々とした芝生が広がる、ほぼ平坦な道です。

(01) JR中央線・武蔵小金井駅ー(02) はけの道入口ー(03) 金蔵院ー(04) 「はけの森」緑地ー(05) はけの森美術館ー(06) はけの小路入口ー(07) はけの小路ー(08) 子育観音ー(09) ムジナ坂ー(10) 武蔵野公園入口ー(11) 野川中州北遺跡ー(12) 野川公園入口ー(13) 自然観察センターー(14) 自然観察園ー(15) わき水広場ー(16) 東八道路横断ー(17) 梅園ー(18) 野川公園東門ー(19) 龍源寺ー(20) 近藤勇墓所ー(21) 野川公園正門ー(22) 近藤勇生家跡ー(23) 近藤道場撥雲館ー(24) 武蔵野の森公園入口ー(25) 武蔵野の森公園 サービスセンターー(26) 東京外国語大学キャンパスー(28) ふるさとの丘ー(29) 石積ー(30) 管制塔を正面に見るベンチー(31) 滑走路を真正面に見るベンチー(32) 小田急バス「萩の原住宅」停留所ー(33) 京王線・西調布駅

続きを読む

119-サクラと水辺と森を歩く:大和駅~座間駅

座間谷戸山公園 わきみずの谷

緑ゆたかな2つの森と2つの公園をめぐるコースです。引地川の源流部 (神奈川県大和市)、座間市のおいしい水の水源地、わき水の谷など、きれいな水に触れられます。

春、新緑が芽吹き、サクラ、芝ザクラ、菜の花、ニリンソウ、レンゲなどが咲き、お勧めの季節です。
夏、森のなかの湧水は冷たく、涼しい木かげを歩くことができます。計55万本のヒマワリが咲くひまわり畑に寄ることもできます。
秋、紅葉が楽しめます。
冬、森のなかの池に、カモが飛来します。

小田急江ノ島線/相鉄線・大和駅➡ふれあいの森入口➡台湾亭➡しらかしの家➡泉の森➡東原桜並木➡芹沢公園➡芹沢公園・芝生の広場➡座間谷戸山公園➡小田急小田原線・座間駅

続きを読む

079-大多摩ウォーキング:路傍の石仏

①古里駅から青梅街道

大多摩ウォーキングトレイル(Otama Walking Trail)のコースにある路傍の石仏(Stone Buddha of roadside)の写真です。
寛永9年(A.D.1632)という年号を記した石仏もあります。いまから400年近く昔のことです。

続きを読む

029-皇居周遊:東京駅から東京駅へ

二の丸庭園

東京駅を出発し、閑静な皇居外苑から江戸城の内濠にそって、緑ゆたかな皇居北の丸公園、かつて江戸城天守閣があった皇居東御苑をめぐり東京駅に戻ってきます。都心にいることを忘れてしまいそうになるオアシスエリアをあるく10キロメートルです。

[コース案内] 東京駅丸の内中央口―行幸通り―坂下門―正門鉄橋(二重橋)・正門石橋―桜田門―法務省 赤れんが棟―憲政記念公園[井伊掃部頭邸跡(前 加藤清正邸)・櫻の井・日本水準原点・電子基準点「東京千代田」・三権分立の時計塔]―憲政記念館―平和の群像―半蔵門前―千鳥ヶ淵公園―信号「千鳥ヶ淵」―千鳥ヶ淵さんぽみち― (ここから北の丸公園)東京国立近代美術館工芸館―北白川宮能久親王銅像―旧陸軍 近衛歩兵第二連隊 跡―ザ・フォレスト 北の丸―科学技術館― (ここから東御苑)北桔橋門―天守台―竹林―富士見多聞櫓―松の大廊下跡―富士見櫓―中之門跡―百人番所前―二の丸庭園―諏訪の茶屋―都道府県の木―大手門―東京駅丸の内北口

続きを読む

079-大多摩ウォーキング:古里駅~奥多摩駅

越沢

一級河川の多摩川のとうとうと流れる水量の多さや幾つかの滝を見ながらの、奥多摩の緑の山にぐるりと囲まれたコースは都内とは思えないほどの別天地。エメラルドグリーンの白丸湖をわたる風が汗をかいた肌に気持ち良いコースでした。
難をいえば、奥多摩trailの歩き始めの木の根のからんだ、ゴロゴロの岩があって段差が大きく、膝痛、腰痛の人にはちょっときついところがあったこと。
白丸湖畔の遊歩道が落石が柵を突き抜けている場所があって、注意が必要。
遊歩道が終わって奥多摩駅までの2キロのコンクリート道が、暑い時期はかなりきついこと。着替えを用意して、駅までの途中にある温泉でゆっくり疲れをとるのもありかな。
ぜひ秋にきてみたい、と思ったコースでした。

続きを読む

081_01-亀戸七福神:大きくなる東京スカイツリー

2009-11-28=220m

建設途中から完成までの「東京スカイツリータワー」の写真です。

続きを読む

124-浮間公園から光が丘公園へ:東京大仏

赤塚植物園

東京に大仏があるって、ご存知ですか?
東京大仏は、(座大仏では) 奈良の大仏、鎌倉の大仏に次ぐ大きさなんです。東京大仏は、かつて赤塚城があったあたりにあります。
都立赤塚公園は、ムクノキ、アカメガシワ、エノキ、イヌシデ、シロダモ、エゴノキ、ヌルデなどの自然林でおおわれた丘陵地で、例年4月上旬には都内最大のニリンソウ自生地は白い可憐な花がで埋まり、ヤマブキソウの群落の黄色い花がつづきます。そのほか、オドリコソウの大群落、ヒメオドリコソウ等々の花が咲きます。サクラの花も見事です。赤塚城址には梅林もあります。

JR埼京線・浮間舟渡駅 ⇒ 都立浮間公園 ⇒ 荒川土手 ⇒ こども動物園 ⇒ 都立赤塚公園 ⇒ 板橋郷土博物館・赤塚城本丸跡 ⇒ 東京大仏 ⇒ 赤塚植物園 ⇒ 松月院 ⇒ 都立光ヶ丘公園 ⇒ 都営大江戸線・光が丘駅

続きを読む

062-巡礼古道と切通の鎌倉ハイク

日蓮が時の政治・宗教のあるべき姿を最高権力者に提示し、鎌倉幕府や諸宗を批判する『立正安国論』を執筆した岩屋。
鎌倉幕府初代将軍・源頼朝から87年間の歴史を編纂した『吾妻鏡』にも登場する交通の要路・名越切通 (なごえきりどおし)。
鎌倉幕府時代に成立し、いまも庚申塔などが点在する板東三十三観音札所を巡礼する巡礼古道。
…………
中世の鎌倉をたどる約9キロメートルのコースです。
晴れていれば富士山を望める絶景ポイントがあり、シーズンによってはサクラやカイドウの花が咲き、新緑、カエデやイチョウの紅葉が見事な彩りを見せてくれます。
コース全体で高低差は100メートルあり、急な階段や坂がある山道も歩くので、ハイキング向きの靴でお出かけになられることをおすすめします。

鎌倉駅―本覚寺―妙本寺―常栄寺―鎌倉大町 八雲神社―安養院―安国論寺―日蓮乞水―名越切通 (大町口―第3切通―まんだら堂やぐら群―第2切通―第1切通―第3切通)―石廟―お猿畠の大切岸―パノラマ台―水道山展望台―鎌倉市 子ども自然ふれあいの森―関東の富士見百景―巡礼古道 (浄明寺方面口―ハイランド方面口―金剛窟地蔵尊―報国寺方面口)―旧華頂宮邸―報国寺 (竹の寺)―上杉朝宗・氏憲邸阯碑―文覚上人屋敷址―田楽辻子のみち・大御堂橋方面口―岐れ路 (庚申供養塔)―畠山重忠邸趾―鶴岡八幡宮 白旗神社―柳原神池―鶴岡八幡宮 舞殿

続きを読む

122-生田緑地と東高根森林公園(向ケ丘遊園駅~久地駅)

とんもり谷戸

緑と水がきれいな約9kmのハイキングです。距離は短いけれど、標高差50mの登りなど、3回ののぼりおりがあります。道は整備されているので、森林浴を楽しみながら、ゆっくり歩きましょう。

生田緑地では、季節の移り変わりとともに、ウメ、サクラ、ツツジ、アジサイ、花ショウブ、紅葉などが楽しめます。「川崎市岡本太郎美術館」、江戸時代の民家など25の文化財建造物を移築・展示してある「川崎市立日本民家園」など(有料)もあります。

県立東高根森林公園では、春になると清流沿いにウメやサンシュユの木が花開きます。花ショウブ・アヤメだけでなく、湿地や水辺を好む草花が四季折々に見られる湿生植物園は、弥生時代の水田跡と自然水を利用した湿田です。古代植物園では、ユリや野草(タチツボスミレ、アズマイチゲ、ニリンソウ他)が見られます。

小田急線・向ヶ丘遊園駅南口 ⇒ 生田緑地入口 ⇒ 戸隠不動尊跡地 ⇒ 枡形山 ⇒ 岡本太郎美術館 ⇒ 梅園 ⇒ つつじ山 ⇒ おし沼広場(やまぶき公園) ⇒ おもい出のうたのこみち(水生植物鑑賞池) ⇒ 初山広場 ⇒ とんもり谷戸 ⇒ 平瀬川沿い ⇒ 東高根森林公園入口 ⇒ 東高根遺跡 (古代芝生広場) ⇒ 松壽弁財天 ⇒ JR南武線・久地駅(累積標高差168m)

続きを読む

076-3つの川(善福寺川 神田川 玉川上水)を歩く:阿佐谷駅~井の頭公園

神田川

いずれも杉並区内を流れる善福寺川、神田川、玉川上水に沿って、神田川の源流である井の頭公園の弁財天まであるく12キロメートルのコースです。都内でありながら都市開発の波を逃れてきた一帯で、樹々の生い茂る土の道を歩けるコースですが、21世紀になってから、変化が激しくなってきて、しばらく歩かないとまったくちがう光景に出会います。

コースの善福寺川沿いも、神田川沿いも、玉川上水沿いも、ソメイヨシノの樹がたくさんあって、見事に咲き誇ります。川に散るサクラ吹雪もきれいです。シーズンのときは、花見の宴会でにぎわいます。イロハモミジの樹や紅葉する木もあちこちにあり、秋もみごたえがあります。暑い夏は、木陰がすずしく、気持ちのよいウォーキングが楽しめます。

JR中央線 阿佐谷駅―プラウドシティ阿佐ヶ谷(旧阿佐ヶ谷住宅)―[善福寺川沿い]―善福寺川緑地公園―京王井の頭線・浜田山駅―柏の宮公園―三井の森公園―[神田川沿い]―京王井の頭線・高井戸駅―京王井の頭線・久我山駅―太田記念館―[玉川上水沿い]―井の頭恩賜公園・井の頭弁財天(JR中央線/京王井の頭線・吉祥寺駅)

続きを読む

095-三宝寺池と白子川源流を歩く:井荻駅から大泉学園駅まで

区立井頭憩いの森

干ばつにも涸れなかった三宝寺池、石神井城主ゆかりの寺社、鳥たちの楽園、白子川源流をめぐる、自然がいっぱい、森林浴や野鳥観察が楽しめる10.5キロメートルのウォーキングです。

春、野草観察園ではニリンソウなど野の草たちが、いろとりどちに可憐な花を見せてくれます。コースのあちらこちらで、枝いっぱいにソメイヨシノの花が咲きます。
夏、石神井池・三宝寺池の水面を流れる風が、まわりの森のなかを吹き抜け、さわやかな木陰です。
秋、三宝寺池を囲む一帯は、イロハモミジやイチョウが紅や黄に染まります。
冬、梅林では、紅と白の花が咲いています。

西武新宿線・井荻駅―井草森公園―天祖神社-禅定院-練馬区立池淵史跡公園-ふるさと文化館-道場寺-三宝寺-三宝寺池梅林-白子川上流端 (大泉井頭公園)―西武池袋線・大泉学園駅

続きを読む

058-西荻窪駅から小金井公園へ

JR中央線・西荻窪駅を出発し小金井公園に至る、サクラやフジ、アジサイ、コスモス、ウメなど、楽しむことができる平坦な約12キロメートルのコースです。善福寺公園、立野公園、武蔵野中央公園、小金井公園と、その間を千川上水、グリーンパーク緑地、狭山・境緑道がむすびます。各公園をふくめ、休憩する場所、のんびり休めるところ、トイレは随所にあります。

[コース] JR中央線・西荻窪駅―龍神童子―花の童子―坂の上のけやき公園―井荻公園―大朝露童子―縁結び童子―原寺分橋下の湧水―善福寺川―善福寺池 下の池―東京都立善福寺公園―善福寺池 上の池[サクラ]―遅野井湧水―善福寺池出口―アイメイト発祥の地―千川上水―練馬区立立野公園[サクラ・フジ]―千川上水―千川上水施餓鬼亡霊供養塔―更新橋の庚申塔―武蔵野中央公園[サクラ]―グリーンパーク緑地―御門訴事件記念碑―石橋供養塔―文字庚申塔―招魂塔―信号「関前五丁目」―多摩湖自転車歩行者道[サクラ]―向台町五丁目―東京都立小金井公園東口―東京都立小金井公園[サクラ]―梅林[ウメ]―江戸東京たてもの園

続きを読む

115-赤羽駅から王子駅:緑と水の武蔵野台地の縁(へり)を歩く

名主の滝公園

御神域の下にトンネルがあって、行き交う東北・上越新幹線、埼京線・りんかい線、京浜東北線、宇都宮線・高崎線・湘南新宿ラインの列車を見下ろせる神社、東京名湧水57選に選ばれた湧き水がうるおす水田のある公園、東京三大銀座の一つとされ、驚くほど物価が安い十条銀座商店街、東京23区にいるとは思えない滝のある公園、狐の行列が行われる神社、紀州熊野三社より王子大神を御祭神として迎えた神社など、変化に富んだ10.5キロメートルの街あるきです。

JR埼京線・赤羽駅―赤羽八幡神社―赤羽緑道公園―赤羽自然観察公園―静勝寺・稲付城跡―香取神社―清水坂公園―十条銀座―篠原演芸場―十条冨士塚―十条野鳥の森緑地―名主の滝公園―王子稲荷神社―王子神社―音無親水公園―JR京浜東北線/東京メトロ南北線/都電荒川線・王子駅

続きを読む

011-平林寺と野火止用水:新座駅~東久留米駅

平林寺の紅葉

武蔵野の面影を残す平林寺と野火止用水。新緑の季節も気持ちがいい景色ですが、紅葉は、足が固まって、その場にじっととどまる美しさです。

JR武蔵野線・新座駅―ふるさと新座館 (農産物直売センター・観光インフォメーションコーナー)―野火止用水公園 [野火止緑道]―山下橋―野鳥の森公園―伊豆殿橋―平林寺―平林寺堀―隅屋敷橋 (関越道)―総合体育館―本多緑道―史跡公園―野火止用水緑道―氷川神社―黒目川―西武池袋線・東久留米駅

続きを読む

058-西荻窪駅から小金井公園へ(説明書きの写真集)

JR中央線・西荻窪駅を出発し小金井公園に至る約12kmコースの途中にある説明書きをまとめました。

続きを読む

036-カタクリが咲く雑木林と里山歩き:野山北・六道山公園

谷戸の風景(里山民家)

瑞穂町の郷土資料館、里山民家、コナラ・クヌギなどの雑木林と谷戸のたんぼ、丹沢・富士山を望む展望デッキ、武蔵村山市営温泉「かたくりの湯」など、身も心もリフレッシュする見どころが、たっぷりです。
3月末から4月の初めにかけて、さやま花多来里の郷では20万株以上、野山北公園では2万株のカタクリが、可憐な紫色の花を咲かせます。また、コースのあちこちで、ロウバイ、ウメ、ソメイヨシノ、ヤマザクラ、十月ザクラをはじめ、四季を通してさまざまな山野草の花、モミジを見ることができます。
[コース概要] JR八高線・箱根ヶ崎駅―残堀川上流端―狭山池公園―厳島神社―さやま花多来里(かたくり)の郷 入口―瑞穂町 郷土資料館 けやき館―耕心館―信号「狭山神社下」―浅間神社―お地蔵様―三角点広場 ―狭山懸橋 ―狭山懸橋広場 ―遺跡広場 ―出会いの辻―六道山公園展望台―里山民家―少飛の塔―赤坂駐車場/赤坂谷戸―展望台―野山北・六道山公園インフォメーションセンター (管理所)―六地蔵―カタクリ群生地―村山温泉 かたくりの湯

続きを読む

080-万葉に詠まれた「よこやまの道」:黒川駅~黒川駅

多摩ニュータウン大規模開発の団地と、多摩丘陵の残された自然との境界を歩く変化に富んだコースです。突如眼前に現れる大きな陸橋のアーチとその下に水車小屋があるシュールな光景、近未来都市のような人工的空間が広がる異次元感、丹沢や奥多摩の山並み・富士山・奥秩父の山々・南アルプスまで見晴らす万葉の時代から変わらぬ景観、谷戸の懐かしい風景を楽しみながら歩く10キロメートルです。春はソメイヨシノやヤマザクラが迎えてくれます。コースの終わり近くには、地元農産物直売所、イチゴ摘み農園もあります。
このコースは谷あり尾根ありの丘陵地帯を歩くので、坂や階段のアップダウンがあります。

小田急電鉄多摩線・黒川駅(標高94.2m)―黒川東芋ほり会(標高93m)―コンテナがある曲がり角―上谷戸親水公園(標高58.2m)―若葉台公園入口―稲城第3公園―尾根道入口―八坂神社/一等三角点「連光寺村」(標高161.8m)―馬引沢南公園(標高134.9m)―諏訪ヶ岳(標高144.5m)―防人見返りの峠―十字路―セレサモス 麻生店(標高83.0m)―小田急電鉄多摩線・黒川駅(標高94.2m)

続きを読む

093-等々力渓谷と古墳群を満喫:等々力駅から自由が丘駅

浄真寺 九品仏の紅葉 2019年12月10日

夏は渓流や木陰が涼しく、秋が深まり冬にさしかかるころ、等々力渓谷、日本庭園等々力、多摩川台公園、宝来公園、九品山浄真寺では、素晴らしい紅葉や黄葉が楽しめる11キロメートルのコースです。
等々力渓谷は、東京23区内で唯一の渓谷です。
浄真寺の広い境内は、イロハカエデが仁王門を包み込むように葉を広げ、大きな銀杏がたわわに実る大イチョウがあり、紅葉の時期は見事な彩りに染まる都内有数の紅葉スポットです。
東急大井町線・等々力駅―等々力渓谷―野毛大塚古墳―等々力渓谷横穴古墳―等々力不動尊―日本庭園等々力―多摩堤―多摩川浅間神社―多摩川台公園 (湿生植物園―亀甲山古墳―古墳展示室―1号~7号古墳―虹橋―宝莱山古墳)―宝来公園―田園調布の銀杏並木・住宅街―玉川浄水池―ぽかぽか広場―九品山浄真寺―東急東横線・自由が丘駅

続きを読む

088-小石川七福神+雑司が谷七福神

傳通院

小石川七福神と雑司が谷七福神の2つをお参りする欲張りウォークです。このコースは、都心でありながら江戸の歴史と雰囲気を伝えてくれるコースでもあり、また、途中ではウメやサクラ、フジがきれいに咲くところがあり、お正月以外でも楽しめるコースです。

水道橋駅西口-福禄寿(東京ドームシティ)-毘沙門天(常光山 源覚寺:こんにゃくえんま)-善光寺-慈眼院 澤蔵司稲荷-傳通院(指塚、於大の方・千姫墓所)-大黒天(福聚院:せきどめ地蔵)-布袋尊(真珠院)-寿老人(宗慶寺)-弁財天-播磨坂さくら並木-弁財天(徳雲寺)-傳明寺(藤寺)-恵比寿尊(深光寺)-林泉寺(しばられ地蔵)-教育の森公園(占春園/文京スポーツセンター)-護国寺(惣門、富士浅間神社、大師堂、薬師堂)-吉祥天(清土鬼子母神)-雑司が谷旧宣教師館-毘沙門天(御嶽山清立院)-恵比寿神(大鳥神社)-大黒天(鬼子母神堂)-弁財天(観静院)-威光稲荷堂-布袋尊-福禄寿(仙行寺)-池袋駅東口

続きを読む

068-宗吾霊堂と成田山公園:京成線・宗吾参道駅~成田駅

成田山公園

「佐倉義民伝」の宗吾霊堂、公津ヶ原の古墳群、四季おりおりの自然が豊かな成田山公園と成田山新勝寺をまわる13kmのウォーキング 。
5万坪の広大な成田山公園には、色とりどりに紅葉するモミジ・クヌギ・イチョウなど250本が配されています。
3月下旬から4月上旬にかけて、コースのあちらこちらでサクラが出迎えてくれます。そして6月は、宗吾霊堂で「あじさい祭り」が催されます。

京成本線・宗吾参道駅―宗吾・飯仲古墳群―公津村道路元標―宗吾霊堂―橋川橋―橋賀台公園―公津原1号墳―公津ヶ原5号墳―赤坂公園―松ノ下近隣公園―中台運動公園―中台運動公園・体育館出口―JR踏切―成田山西参道―成田山出世稲荷大明神―額堂―成田山公園―平和大塔―成田山新勝寺―成田山新勝寺総門―成田山表參道―京成本線・京成成田駅

続きを読む

200-狛江・古墳めぐり

多摩川

新宿駅から20分。小田急線・狛江駅の周辺には、古墳が点在しています。今回は、狛江駅を出発し、これらの古墳を探しながら、歴史のある寺社をも訪ね、成城学園前駅まで10.2kmを歩きます。森や畑が残り、心安らぐ所です。また、むいから民家園の前の通りは桜の並木道がつづいています。

小田急線・狛江駅―泉龍寺弁財天池―亀塚古墳―鎌倉橋―むいから民家園―玉翠園―万葉歌碑―兜塚古墳―伊豆美神社―駄倉塚古墳―橋北塚古墳―土屋塚古墳―岩戸川緑地公園(入る)―岩戸川緑地公園(出る)―第六天塚古墳―喜多見稲荷塚古墳―喜多見氷川神社―慶元寺―次太夫堀公園―小田急線・成城学園駅

続きを読む

081-亀戸七福神:平井駅~東京スカイツリー

亀戸天神

約2kmの亀戸七福神めぐりに、興味深いポイントを加えた約6kmコースです。正月以外でも、季節に応じてウォーキングをお楽しみください。

 立花大正民家園では、1か所で七福神めぐりができます。しかも、1年じゅう拝観できます。
 亀戸天神社はフジの名所で、4月下旬から5月初めにかけては、境内一面、紫色でいっぱいになり、藤まつりが行われます。
 亀戸天神社では、2月に梅まつり、10月末から11月にかけて菊まつりが行われ、にぎわいます。

JR平井駅着ー平井聖天―諏訪神社・富士塚―[旧中川]―立花大正民家園(七福神)―白髭神社ー東漸寺―北向地蔵尊―[旧中川]―[北十間川]―常光寺(寿老人・延命長寿)―東覺寺(弁財天・芸道富有)―香取神社(大国神・有富蓄財/恵比寿神・愛敬富財)―普門院(毘沙門天・勇気授福)―亀戸天神―[横十間川]―龍眼寺(布袋尊・清廉度量)―江東天祖神社(福禄寿・人望福徳)―[北十間川]―十間橋―西十間橋―押上駅前京成橋―東京ソラマチ―東京スカイツリー(押上駅/スカイツリー前駅)

続きを読む

052-3つの富士山を登る港北ニュータウン

川和富士

港北ニュ-タウンの一帯には、富士信仰に根ざした人工の富士塚が数多くありました。開発前の都筑郡には7つの富士塚があり、「都筑の7富士」と呼ばれていたそうです。現在は、山田富士、池辺富士、川和富士が保存されています。

東急田園都市線・鷺沼駅―山田富士公園―神無公園―徳生公園―四季舞橋―山崎公園―中川八幡山公園―都筑中央公園―鴨池公園―川和富士公園―池辺富士―東方公園―横浜市営地下鉄線ブルーライン・センター南駅

続きを読む

117-都心あるき:西新宿駅~代々木公園~新宿御苑

代々木公園

気軽に歩ける都心の散歩コースです。都心ですが、緑が多く、四季折々の花や紅葉が楽しめます。原宿から表参道にかけては、おいしそうなレストランやスイーツの店がたくさんあって、目移りしそうです。

東京メトロ丸の内線・西新宿駅―成子天神社―浄風寺―新宿十二社熊野神社―新宿中央公園ナイアガラの滝―旧淀橋浄水場六角堂―新宿中央公園ちびっ子広場ジャブジャブ池―旧代代幡町灯籠―渋谷区立代々木ポニー公園―代々木公園サービスセンター代々木公園―代々木公園 噴水―旧ワシントンハイツ宿舎―明治神宮一の鳥居―JR原宿駅―東郷神社―熊野神社―神宮外苑いちょう並木―神宮外苑 御観兵榎―聖徳記念絵画館前広場―新国立競技場―JR千駄ヶ谷駅―新宿御苑千駄ヶ谷門―新宿御苑 新宿門/大木戸門

続きを読む

074-逗子・葉山の低山と海辺を歩く

一色海岸

三浦半島の山と海との両方を楽しめる、景色がすてきな約12kmのコースです。見どころがたくさんあり、コースの選択肢もいろいろあります。

海岸からの眺めを楽しみたいときには海沿いのコースを重点に、
山登りの雰囲気と、富士山や丹沢、江の島・大島・伊豆半島などを見晴らす絶景と、木陰を流れる風を楽しみたいときには2つの山を登るコース、
美味しい料理を食べたいときには海辺のレストランやカフェでの時間をたっぷりと、……。
仙元山の標高は118m、急な坂道・階段はちょっと苦しいけれど、巨木がうっそうと生い茂り、深山に分け入った雰囲気です。
コースには、サクラ、ツツジ、アジサイが咲く公園もあります。

JR横須賀線・逗子駅➡京浜急行・新逗子駅➡田越橋➡信号「風早橋」➡信号「木の下」(仙元山登り口・標高約12m)➡葉山教会 (標高50m)➡仙元山 (標高118m;トイレ有)➡實教寺/グリーンセンターへの分岐*)➡グリーンセンター➡葉山町役場・葉山花の木公園 (トイレ有)➡大峰山登り口**)➡葉山御用邸➡一色海岸 (トイレ有;海岸歩き)➡県道歩き➡真名瀬海岸 (トイレ有;海岸歩き)➡森戸神社***)➡森戸神社バス停―(海岸歩き/県道歩き/バス)➡新逗子駅➡逗子駅

続きを読む

コースの写真