東京都のうち、23区と島しょを除いた地域です。

カタクリが咲く雑木林と里山歩き:野山北・六道山公園(036)―9.5km

瑞穂町の郷土資料館、里山民家、コナラ・クヌギなどの雑木林と谷戸のたんぼ、丹沢・富士山を望む展望デッキ、武蔵村山市営温泉「かたくりの湯」など、身も心もリフレッシュする見どころが、たっぷりです。
3月末から4月の初めにかけて、さやま花多来里の郷では20万株以上、野山北公園では2万株のカタクリが、可憐な紫色の花を咲かせます。また、コースのあちこちで、ロウバイ、ウメ、ソメイヨシノ、ヤマザクラ、十月ザクラをはじめ、四季を通してさまざまな山野草の花、モミジを見ることができます。
[コース概要] JR八高線・箱根ヶ崎駅―残堀川上流端―狭山池公園―厳島神社―さやま花多来里(かたくり)の郷 入口―瑞穂町 郷土資料館 けやき館―耕心館―信号「狭山神社下」―浅間神社―お地蔵様―三角点広場 ―狭山懸橋 ―狭山懸橋広場 ―遺跡広場 ―出会いの辻―六道山公園展望台―里山民家―少飛の塔―赤坂駐車場/赤坂谷戸―展望台―野山北・六道山公園インフォメーションセンター (管理所)―六地蔵―カタクリ群生地―村山温泉 かたくりの湯

野川と調布飛行場に沿って、広々した3つの公園を歩く(506)―6.1~8.5㎞

JR中央線・武蔵小金井駅を出発し京王線・西調布駅まで歩きます。5.5kmから10kmまで、体力に応じたコースを選べます。国分寺崖線(がいせん)からにじみ出た湧き水を集める野川に沿って、武蔵野公園、野川公園を歩きます。広々とした芝生が広がる、ほぼ平坦な道です。
サクラや新緑、ハギやモミジなどがきれいです。自然観察園には湧水がつくった湿地が点在し、約400種の野草、多くの野鳥や昆虫が見られる自然の宝庫です。
新選組局長として名高い幕末の武士近藤勇の墓所、生家跡、近藤道場撥雲館に寄ります。
武蔵野の森公園では、調布飛行場を離発着する飛行機を間近で見ることができます。

本コースの写真を紹介します。
JR中央線・武蔵小金井駅を出発し京王線・西調布駅まで歩きます。5.5kmから10kmまで、体力に応じたコースを選べます。国分寺崖線(がいせん)からにじみ出た湧き水を集める野川に沿って、武蔵野公園、野川公園を歩きます。広々とした芝生が広がる、ほぼ平坦な道です。

(01) JR中央線・武蔵小金井駅ー(02) はけの道入口ー(03) 金蔵院ー(04) 「はけの森」緑地ー(05) はけの森美術館ー(06) はけの小路入口ー(07) はけの小路ー(08) 子育観音ー(09) ムジナ坂ー(10) 武蔵野公園入口ー(11) 野川中州北遺跡ー(12) 野川公園入口ー(13) 自然観察センターー(14) 自然観察園ー(15) わき水広場ー(16) 東八道路横断ー(17) 梅園ー(18) 野川公園東門ー(19) 龍源寺ー(20) 近藤勇墓所ー(21) 野川公園正門ー(22) 近藤勇生家跡ー(23) 近藤道場撥雲館ー(24) 武蔵野の森公園入口ー(25) 武蔵野の森公園 サービスセンターー(26) 東京外国語大学キャンパスー(28) ふるさとの丘ー(29) 石積ー(30) 管制塔を正面に見るベンチー(31) 滑走路を真正面に見るベンチー(32) 小田急バス「萩の原住宅」停留所ー(33) 京王線・西調布駅

JR中央線・西荻窪駅から小金井公園(058) 12㎞

JR中央線・西荻窪駅を出発し小金井公園に至る、サクラやフジ、アジサイ、コスモス、ウメなど、楽しむことができる平坦な約12キロメートルのコースです。善福寺公園、立野公園、武蔵野中央公園、小金井公園と、その間を千川上水、グリーンパーク緑地、狭山・境緑道がむすびます。各公園をふくめ、休憩する場所、のんびり休めるところ、トイレは随所にあります。

[コース] JR中央線・西荻窪駅―龍神童子―花の童子―坂の上のけやき公園―井荻公園―大朝露童子―縁結び童子―原寺分橋下の湧水―善福寺川―善福寺池 下の池―東京都立善福寺公園―善福寺池 上の池[サクラ]―遅野井湧水―善福寺池出口―アイメイト発祥の地―千川上水―練馬区立立野公園[サクラ・フジ]―千川上水―千川上水施餓鬼亡霊供養塔―更新橋の庚申塔―武蔵野中央公園[サクラ]―グリーンパーク緑地―御門訴事件記念碑―石橋供養塔―文字庚申塔―招魂塔―信号「関前五丁目」―多摩湖自転車歩行者道[サクラ]―向台町五丁目―東京都立小金井公園東口―東京都立小金井公園[サクラ]―梅林[ウメ]―江戸東京たてもの園

万葉に詠まれた「よこやまの道」:黒川駅~黒川駅 (080) -10km

多摩ニュータウン大規模開発の団地と、多摩丘陵の残された自然との境界を歩く変化に富んだコースです。突如眼前に現れる大きな陸橋のアーチとその下に水車小屋があるシュールな光景、近未来都市のような人工的空間が広がる異次元感、丹沢や奥多摩の山並み・富士山・奥秩父の山々・南アルプスまで見晴らす万葉の時代から変わらぬ景観、谷戸の懐かしい風景を楽しみながら歩く10キロメートルです。春はソメイヨシノやヤマザクラが迎えてくれます。コースの終わり近くには、地元農産物直売所、イチゴ摘み農園もあります。
このコースは谷あり尾根ありの丘陵地帯を歩くので、坂や階段のアップダウンがあります。

小田急電鉄多摩線・黒川駅(標高94.2m)―黒川東芋ほり会(標高93m)―コンテナがある曲がり角―上谷戸親水公園(標高58.2m)―若葉台公園入口―稲城第3公園―尾根道入口―八坂神社/一等三角点「連光寺村」(標高161.8m)―馬引沢南公園(標高134.9m)―諏訪ヶ岳(標高144.5m)―防人見返りの峠―十字路―セレサモス 麻生店(標高83.0m)―小田急電鉄多摩線・黒川駅(標高94.2m)

大多摩ウォーキング:古里駅~奥多摩駅(079) -9km

峠を越え、湧き水、滝、渓流、吊り橋、白丸ダムをめぐる9キロメートル弱のハイキング。森林浴を楽しみ、気分がリフレッシュするおすすめコースです。
ただし、コース距離は短いけれど、上り下りが有り、渓谷沿いの岩がゴツゴツしたところも有り、このサイトで紹介するコースの中では、ハードなコースです。歩きなれたハイキング向きの靴がおすすめです。

JR青梅線・古里駅―釜の水―清身滝―寸庭(すにわ)橋―[ここから山道]―上の滝―越沢(こいざわ)・ホタル橋―[標高差120メートルの急坂15分]―松の木尾根分岐・東屋―[ここから舗装の下り坂]―坂下―雲仙橋―鳩の巣渓谷―水神の滝・水神様―鳩の巣小橋 (吊り橋)―[ここから多摩川の渓谷沿いに小さな上り下りを繰り返し岩もある山道]―[標高差20メートルの急な石段を登る]―東屋―白丸ダム(魚道・施設見学)―[ここから白丸ダム沿いのなだらかな山道・紅葉]―数馬峡橋―トンネル―[以降、舗装道路]―海澤(うなざわ)―氷川発電所―もえぎ吊り橋(もえぎの湯分岐)―JR青梅線・奥多摩駅

水と緑の柳瀬川回廊:秋津駅~清瀬駅(084) -12km

周辺を雑木林が広がり、野鳥が集う、柳瀬川の土手を歩く12キロメートル弱の平坦なコースです。高度成長の時代に悪臭ただようドブ川になっていた柳瀬川は、かつて「清瀬」という地名の元でもあった、野鳥が集う清流を取り戻しました。また、空堀川の河岸段丘斜面に残る約1.1ヘクタールの雑木林には、カタクリ等の野草や野鳥がいっぱいです。金山調整池から城前橋に至る柳瀬川右岸には桜並木がつづき、滝の城址公園も桜の樹に囲まれていて、春はサクラの薄いピンクが絢爛たる景色を見せてくれます。

JR武蔵野線・新秋津駅―西武池袋線・秋津駅―圓福寺-清瀬中里緑地保全地域-柳瀬川回廊(空堀川-せせらぎ公園-清瀬橋・柳瀬川-清瀬金山緑地公園-金山橋-金山調整池-城前橋-滝の城址公園[城山神社・本丸址]-城前橋-川崖線緑地-金山橋)-水天宮-西武池袋線・清瀬駅

町田・薬師池公園:花いっぱいの郊外あるき (113)-10km

四季折々の花が楽しめます。
2月から3月上旬ごろは宏善寺の枝垂れ梅、薬師池公園の梅林が見事です。薬師池公園では、椿、桜、花しょうぶ、大賀ハスも、その時々、きれいに咲きます。
3月下旬から4月上旬ごろは、コース途中の桜がきれいです。
4月下旬から5月上旬は、ぼたん園のボタン (約330種類1,700株)・シャクヤク(約60種類600株)が楽しめます。
7月から11月の初めごろまで、ダリア園では約500品種、4,000株の大・中・小輪のさまざまなダリアが咲き競います。
11月下旬からは、薬師池公園やコース途中で、紅葉がきれいです。

小田急線/JR横浜線・町田駅 (絹の道 碑) ⇒ 本町田 菅原神社 (井出の沢古戦場跡) ⇒ 宏善寺 (枝垂れ梅) ⇒ 青少年施設ひなた村 ⇒ 給水塔 ⇒ 町田ダリア園 ⇒ 鎌倉井戸 (鎌倉古道上之道) ⇒ 町田ぼたん園 (自由民権の碑、石阪昌孝の墓) ⇒ ふるさと農具館 ⇒ 七国山ファーマーズセンター ⇒ 鐘楼 ⇒ 薬師池公園 (野津田薬師堂、旧永井家住宅、梅林、萬葉草花苑、たいこ橋、古代ハスの池) ⇒ 薬師ヶ丘バス停…(バス)…町田駅