町田・薬師池公園:花いっぱいの郊外あるき(113)

宏禅寺の枝垂れ梅

四季折々の花が楽しめ、懐かしい風景に出会えます。

今回は、四季折々、見事な花・紅葉が楽しめる東京郊外のコース(歩行距離10km)です。

小田急線/JR横浜線・町田駅 (絹の道 碑) ⇒ 本町田 菅原神社 (井出の沢古戦場跡) ⇒ 宏善寺 (枝垂れ梅) ⇒ 青少年施設ひなた村 ⇒ 給水塔 ⇒ 町田ダリア園 ⇒ 鎌倉井戸 (鎌倉古道上之道) ⇒ 町田ぼたん園 (自由民権の碑、石阪昌孝の墓) ⇒ ふるさと農具館七国山ファーマーズセンター ⇒ 鐘楼 ⇒ 薬師池公園 (野津田薬師堂、旧永井家住宅、梅林、萬葉草花苑、たいこ橋、古代ハスの池) ⇒ 薬師ヶ丘バス停…(バス)…町田駅

東京都町田市、多摩丘陵の南側で、鎌倉と府中~所沢~高崎方面を結ぶ鎌倉街道上ノ道の一部に沿った丘陵地帯を歩きます。
ひなた村のあたりから、標高差30m程度の上り下りを繰り返しますが、急なところはありません。
スタート地点の町田駅は、新宿駅から小田急線の快速急行で30分。小田急線とJR横浜線(八王子駅―東神奈川駅)とが交わる乗降客の多い駅です。
ここは、鎌倉時代から「鎌倉街道」の宿場として栄え、さらに江戸時代末期の鎖国解除直後から、多摩郡や甲州・武州各地で生産された生糸の集積地となっていた八王子と、生糸を海外へと輸出する横浜港とを結ぶ「浜街道」(のちに「絹の道」と呼ばれる)で栄えたところでもあります。

四季折々の花が楽しめます。

2月から3月上旬ごろは宏善寺の枝垂れ梅、薬師池公園の梅林が見事です。薬師池公園では、椿花しょうぶ大賀ハスも、その時々、きれいに咲きます。
3月下旬から4月上旬ごろは、コース途中のがきれいです。
4月下旬から5月上旬は、ぼたん園のボタン (約330種類1,700株)・シャクヤク(約60種類600株)が楽しめます。
コースには入れていませんが薬師池の近くにあるえびね苑は、ラン科のエビネが咲く4月下旬から5月上旬ごろ期間限定で開園します。園内には、ジエビネ、キエビネ、タカネエビネなど約3万株のエビネが群生しています。
7月から11月の初めごろまで、ダリア園では約500品種、4,000株の大・中・小輪のさまざまなダリアが咲き競います。
11月下旬からは、薬師池公園やコース途中で、紅葉がきれいです。
町田市で花がきれいに咲く見どころ・時期は、「町田市ホームページ > 花暦」に載っています。

スタート地点の町田駅は、新宿駅から小田急線の快速急行で30分。小田急線とJR横浜線(八王子駅―東神奈川駅)とが交わる乗降客の多い駅です。
ここは、鎌倉時代から「鎌倉街道」の宿場として栄え、さらに江戸時代末期の鎖国解除直後から、多摩郡や甲州・武州各地で生産された生糸の集積地となっていた八王子と、生糸を海外へと輸出する横浜港とを結ぶ「浜街道」(のちに「絹の道」と呼ばれる)で栄えたところでもあります。

写真は ⇒コチラ から。

コース地図をご覧ください。

コース距離です。

ポイント 区間距離 累計距離
小田急線・町田駅    
本町田 菅原神社(トイレ) 2,130m 2,130m
宏善寺 1,460m 3,590m
青少年施設ひなた村(トイレ) 705m 4,295m
町田ダリア園(トイレ) 1,780m 6,075m
町田ぼたん園(トイレ) 1,620m 7,695m
ぼたん園一周 530m 8,225m
野津田薬師堂 820m 9,045m
薬師池公園(トイレ) 605m 9,650m
薬師ヶ丘バス停 550m 10,200m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください